はじまり

夏休みも終わりの8月20ごろ

夏休みも終わりの8月20ごろと、そんな気分。

小さいころは、8月のお盆が過ぎ、墓参りにいって、3日すむと、20日になる。だいたい、8月20日ごろになると、宿題がやってくる。そう、おそいかかってくるのだ。短い残り少ない夏休み。この間に宿題、まだまだ大量に残っている宿題をっやってしまわなければならない。いや、もはや、考えるだけで、もういや。宿題の時間を作るということは、残り少ない夏休みの遊ぶ時間がなくなるってことになり、それは、夏休みってことから、完全にはなれていってしまうってことだった。

なんといやな、8月20日。そんな日が今年もやってきた。夏休みでもない、おとなに為ってしまっているから、もう、あせることもない。期限がせまったことをするようなことはもうない。そう、わからないけど、進むのみ。

でも、考えると、夏休みが終わる31日は、自分の死ぬ日な、そんな練習なのかもしれないな・・・。残り少ない寿命。そう、人生は時間で計られるのだから。正しいはず。のこり10日程度の寿命しかないときに、宿題をするのか?学校から、しろっていわれたことをするのか、残りの人生が10日しかないときに、人に言われたことをするだろうか?

しない。

そう、宿題などしなくてよかった。
ごまかしもするべきでもなかった。
ま、最終日で、ほとんどやったのだけは、毎年の恒例行事だった。
一番やっかいだったのは、日記。日記の天気だたあ。そんな、夏休みの一ヶ月以上の天気がwかるわけもない。
いまなら、ネットですぐわかる。当時はそんあものはないから、ちゃんと天気を書くなら、気象庁にでも問い合わせるしかない時代だった。
しかし、そんな時代でよかったのかもしれない。
いまの時代夏休みを過ごしている学生、20代いかの人間をみていると、まさに奴隷。奴隷の匂いがするjひとばかりだから・・・・・

関連記事

スマートフォンとSNS
スマートフォンとSNSは、出会い系サイトを利用する上では、もはや絶対的アイテムで...
夏休みも終わりの8月20ごろ
夏休みも終わりの8月20ごろと、そんな気分。 小さいころは、8月のお盆が過ぎ、墓...